日本ニュートリション株式会社
  • サイトマップ

  • English

  • お問い合わせ

採用情報

社員紹介

海外案件が多く、そこに若手を抜擢する。JNCの大きな魅力です。 2010年度入社 営業ユニット 営業第二チーム

所属部署について

『営業』と名の付く通り、日々お客様と直接対峙し、アニマルニュートリションのプロフェッショナルとして、ご要望のヒアリングや新商品のご提案をする部署です。
私の部署は、製品を販売するだけでなく、アフターフォローや品質管理にも重点を置く営業スタイルが特徴となっており、伊藤忠グループであるという利点とネットワークを活かし、畜産や穀物情勢に関する最新情報を、いち早くお客様へお伝えできることも当社のストロングポイントであると考えます。

担当業務について

営業エリアは主に農業王国 北海道を担当。日々農場(牧場)のお客様と接する機会が多いため、現場の意見やニーズを肌で感じられる機会に恵まれていますが、もっとも皆さん酪農のプロフェッショナルなので、勉強させていただくことの方が多くなっています。
また『営業』だけでなく、商品の『購買』にも携わり、その在庫管理からマーケティングまでを担当するプロダクトマネージャー(通称:プロマネ)という仕事も、重要な業務のひとつです。
プロマネは担当商品の上流から下流まで、社内の誰よりも理解していなければならず、販売方針も任されるので、非常に責任が重くやりがいのある仕事です。さらに、JNCの商品は輸入品が多いため、海外のサプライヤーとの綿密な連絡、交渉、会議などは必要不可欠となっています。

成功体験、失敗体験について

<成功体験>

とあるお客様よりご要望のあった内容を製品化するべく、何度も訪問・打合せをし、双方納得のいく製品の発売に漕ぎつけた経験は自分の自信につながり、今でもさまざまな業務に活きていると思います。
また、以前より輸入したかった商品について、それを製造している海外メーカーと直接交渉して国内販売できた経験は非常に貴重となり、今でも継続的に輸入販売しているので、その商品への思い入れは人一倍あります。

<失敗体験>

担当商品の販売成績向上を焦りすぎた結果、業務の基礎であるホウレンソウ(報連相)を怠り、さらには周りを顧みない行動をとってしまったため、客先はおろか社内でも孤立することとなってしまいましたが、上司や先輩からアドバイスをいただき何とか軌道修正できた経験は、自分の業務に対する姿勢の基盤となっています。

JNCに就職を決めた理由は?

「海外と関わる仕事をしたい」という気持ちを強く抱いていたため、海外案件が多く、そこに若手を抜擢するJNC(日本ニュートリション)に興味を持ちました。また、同業界からの転職だったのですが、明るい話題の乏しい畜産業界の中で、チャレンジする姿勢を大切にする社風にも魅力がありました。面接していただいた方の仕事・将来に対する意見に共感できたことも、大きなきっかけとなりました。

<海外サプライヤー視察の場合>

6:00
起床、メールチェック
(海外出張中は時差などの影響もあるため、外出前にホテルでメールチェック)
9:00
サプライヤーのオフィスにて打合せ
(価格交渉や、日本での販売方針を相談)
12:00
サプライヤーとランチ
(現地のローカルフードに舌づつみ)
14:00
工場視察
(生産体制、品質管理などを厳しくチェック)
17:00
ホテルに戻り、メールチェック
19:00
サプライヤーとディナー
(かるくお酒も入り、異文化交流を満喫)

※上記は2015年6月時点の情報となります。

他の社員紹介を見る

営業 Y.K 品質管理 Y.T 技術・営業サポート H.T 営業 M.E 業務・CSM A.N

エントリーする

PAGE TOP