社員インタビュー

日本や海外で世界中の方々とお仕事をする
機会を頂き、毎日が勉強かつ刺激的です
技術・品質保証室 M.E. 2011年度 新卒入社

インタビューイメージ1

技術・品質保証室
M.E. 2011年度 新卒入社

仕事について

2019年10月より、JNC自社研究所が栃木県那須塩原市に、伊藤忠飼料㈱研究所内に開設されました。現在は研究所の開業準備、年間計画の作成等を行っています。2020年度からは、鶏、豚を用いた、機能性飼料の給与試験を行っていきます。様々な機能性飼料を家畜飼料に活用する事によって、動物の疾病予防、生産効率の改善、より高品質な肉・卵などの畜産物の評価を行うことを試験目的としています。

成功体験

薬剤耐性(AMR)のアクションプランの一つとして、「硫酸コリスチン」という抗菌性物質が2018年に日本での飼料添加物用途での使用が禁止、動物用医薬品用途での使用が厳しく制限されました。コリスチンは大腸菌などによる疾病を治療するために、人において非常に重要な抗生物質として扱われています。コリスチン使用が禁止・制限された後においても、動物がより健康に飼育されるために、機能性飼料の適切な使用を提案してきました。コリスチン代替の検討会が行われた学会での発表や、関係客先・臨床獣医の方々と情報交換を、実際に動物への給与試験の実施や、お客様の農場での生産成績が改善する結果を得られた時には、大きなやりがいを感じました。

インタビューイメージ2

※原稿を作成時は、まだ研究所開設のための準備段階の為、研究所での業務において成功・失敗の体験はありません。前にしていた業務の成功・失敗体験を記載します。

失敗体験

当社のまだ公表していない未発表情報が、ある国際的なマスメディアの方と情報交換を行っていた際に、ミスコミュニケーションによって世界中に発信されてしまった事です。先方の別な担当者の方が勘違いし、こちらの意図していない結果となってしまいました。幸い、後日プレスリリースする内容であったので、大きな事故にはなりませんでしたが、内容が違っていれば大変な問題となっている所でした。コミュニケーションの質、事故を未然に防ぐ危機管理能力・想像力、事故を起こした後の初動・対応等、深い反省と仕事の甘さが修正させられた出来事でした。

※原稿を作成時は、まだ研究所開設のための準備段階の為、研究所での業務において成功・失敗の体験はありません。前にしていた業務の成功・失敗体験を記載します。

インタビューイメージ3

JNCに就職を決めた理由

JNCに就職を決めた理由

私が入社した2011年の社員数は現在の半数以下の約40名でした。それにも関わらず急成長を遂げている企業で自分を試してみたいという理由と、世界中の飼料・畜産業界の方々と共に、日本・世界の畜産物の生産に関わる業務を行いたいという2つの理由で入社を決めました。入社後は様々な部署の業務を実務で勉強する機会や、日本や海外で世界中の方々とお仕事をする機会を頂き、日々勉強かつ刺激的な日常を送っております。
インタビューイメージ4

学生の皆さんへひとこと

苦徹成珠という言葉があります。学生の本分は、学業・部活動・趣味・交友と様々です。ただし、何事も苦に徹しなければ、立派なもの(珠)には成りません。私は剣道と研究に精魂を傾けました。是非学生の内に、何か一つ、苦徹成就の経験を得て頂けたらと思います。

One day flow

  • 8:30

    出社、メールチェック、電話対応等

  • 9:00

    試験計画の打ち合わせ

  • 10:00

    試験準備、試験飼料の製造

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    ブロイラー(鶏)の体重計測

  • 14:00

    シャワー、作業着洗濯
    出張スケジュール計画、試験データまとめ、
    プレゼンテーション作成

  • 17:00

    レポート作成

  • 18:00

    退勤

Search