社員インタビュー

チャレンジさせてくれる社風であること、
仕事に対する考えが目標としたい姿でした
技術・品質保証室 K.H. 2016年度 中途入社

インタビューイメージ1

技術・品質保証室
K.H. 2016年度 中途入社

仕事について

技術・品質保証室は、営業、ロジスティック、製造とは独立した組織となっています。
私は、品質保証の担当として主に下記の業務を行っています。

1.業界法令対応
2.購買原料の書類審査
3.国内外のサプライヤー、物流業者、廃棄物処理委託先の監査
4.ISO22000,FAMI-QS,飼料GMP,HACCPに基づく管理体制の構築
5.行政への登録等のサポート業務
6.社内の問い合わせ対応、勉強会の実施
7.認証審査の立ち合い(ISO22000,FAMI-QS,飼料GMP)

どの業務においても、他部署と関わる業務が非常に多く、関係法令の理解はもちろんのこと、他部署の業務内容(製造、購買、物流、営業など)の理解も必要とされ、日々勉強しながら業務に取り組んでいます。
また、鹿島·志布志工場や国内外へ訪問監査に行くこともあり、現場に足を運ぶ機会も多くあります。

成功体験

志布志工場の新設備であるMCM製造ラインにおいてFAMI-QS認証を取得したことです。既存のプレミックス設備と製造工程が全く異なるため、要求事項を1から見直す必要がありました。また、製造ラインの建設と同時並行で行っていたため、現場をイメージしながらの作業も多く、想像以上に難しいと感じましたが、「FAMI-QSでの要求事項は何か、そのために必要なことは何か。」を常に意識し、製造、他部署と密にコミュニケーションを取ることで、予定通りに取得することが出来ました。

インタビューイメージ2

失敗体験

特に関係法令の理解、監査対応を行う中で、他部署の業務内容(製造、購買、物流、営業など)の理解が必要とされますが、入社当時は分からないことも多く、思うように仕事が進まないことがありました。振り返ると、一人で他部署の業務内容を理解しようとせず、他部署の方や上司に早く相談すればよかったと思います。今では積極的に他部署とコミュニケーションを取ることを心掛けています。

インタビューイメージ3

JNCに就職を決めた理由

JNCに就職を決めた理由

前職は、登録検査機関にて食品や飼料の一般成分分析を担当しておりましたが、視野を広げ、より安定した製品の供給や品質システムの構築に携わりたいと思いました。
当社は飼料業界の中でもいち早く、ISO22000,FAMI-QS,飼料GMPの導入をしており、非常に興味を持ちました。また、これまで品質保証の業務経験はありませんでしたが、チャレンジさせてくれる社風であること、面接にて、上司の品質保証の仕事に対する考えが、私自身が目標としたい姿だったため、入社を決めました。
インタビューイメージ4

学生の皆さんへひとこと

就職活動はたくさんの企業の考えを聞くことができる貴重な機会です。1つの分野に絞らず積極的に足を運んでみてください。若手のうちから色んなことにチャレンジしたいと思う方がいましたら、一緒に世界の飼料・畜産業界への貢献を目指しましょう。

One day flow

  • 9:00

    JNCのビジネスに関わる10数種類の法令情報を確認
    必要に応じて関係部署へ情報シェア

  • 10:00

    行政への問い合わせ

  • 11:00

    自社製品の規格書・ラベルの法的内容のチェック

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    社内審査業務
    (新規原料購買の書類審査、商材の広告内容審査など)

  • 15:00

    鹿島・志布志工場とTV会議
    (監査の事前準備、指摘事項の対応について協議)

  • 17:00

    会議議事録作成

  • 18:00

    出張・監査準備(資料、スケジュールの最終確認)

  • 19:00

    退勤

Search